診療時間表

・・・15:00~17:00
※平日・土曜も20:00まで受付
休診日:日曜、祝日

  • ホーム
  • サイトマップ
  • リンク集

TEL:06-6971-4618

〒537-0014
大阪府大阪市東成区大今里西1-26-5
ロハスプラザ今里201

welcome welcome welcome welcome welcome welcome

東成区 今里駅 吉田歯科医院 インプラント 審美歯科 歯科 小児歯科 口腔外科

ニュース医師の紹介医院案内交通案内初診の方へ自費治療料金表求人情報歯ッピースマイル通信

小児歯科

唾液検査
  • グッド歯科(保険歯科全般・予約制)
  • OSSTEM IMPLANT
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 大阪SJCD
  • ソフト歯科
  • 長谷川歯科医院
  • かとう歯科
  • つじの歯科医院
  • 弁理士吉田昌司

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  小児歯科

せっかくするなら親子で楽しく!子どものためのむし歯予防!

お子さんのむし歯予防、ご家庭だけで抱え込んでいませんか?
仕上げみがきギライ、甘い物大好き、むし歯になりはしないかと毎日ハラハラ?
それならさっそく、歯医者さんのノウハウを取り入れたむし歯予防に切り替えましょう!
むし歯のリスクを調べればオーダーメイドの予防策が立てられます。
効果テキメンで、ママ・パパの肩の荷もグッと軽くなりますよ。

歯医者さんとの二人三脚で効果テキメン&ストレスフリーのむし歯予防をはじめませんか?

歯医者さんデビューはできれば、0歳で。

はじめての前歯が生えてきました。
何歳くらいから歯医者さんで見てもらうといいのでしょうか。
はじめての歯が生えた7ヵ月頃、お母さんのメインテナンスのときにお連れいただくのが、本当は理想的です。
むし歯菌がお口にいない赤ちゃんの頃から、歯ブラシや歯医者さんのケアに慣れておくと歯医者さんを怖がらず、痛い思いもせず、結果的に、お母さんにとってもラクなのです。

歯医者さんといっしょに歯育て&健康育て!

私たちの歯科医院でむし歯予防をはじめたお子さんたちのお口の成長記録です。
数年のうちに乳歯から永久歯へと生え変わり劇的に変化していく子どもたちのお口は、生命の神秘すら感じさせるほど。
今では「健康でいるための歯医者さん通い」が生活に溶け込んで、無理なくむし歯ゼロを維持しています。

むし歯になりやすい歯って?①

はじめての歯が生えた頃の赤ちゃんは、まだまだおっぱいが大好き。
乳歯が生えそろうにしたがって離乳食が進み、徐々に噛んで食べられるようになります。
じつは、こうしたお口と食事の変化に応じてむし歯になりやすい場所も変わっていきます。
そこで、気をつけておきたい予防のポイントをお教えしましょう。

むし歯になりやすい歯って?①

おっぱいを飲んでいる頃は?0~2歳頃

おっぱいや哺乳びんのあたる上あごの前歯の裏に要注意!

おっぱいや哺乳びんのあたる上あごの前歯の裏に要注意!
おっぱいを飲みながら寝るのが習慣になっていたお子さんです。前歯の裏にむし歯ができています。

おっぱいや哺乳びんのあたる上あごの前歯の裏に要注意!
哺乳びんをくわえたまま寝てしまうことが多いというお子さん。やはり前歯の裏にむし歯ができています。

乳歯の奥歯が生えてきたら?3~5歳頃

汚れの溜まりやすい奥歯の歯間や溝に要注意!

汚れの溜まりやすい奥歯の歯間や溝に要注意!
乳歯の奥歯との歯間にむし歯ができてしまいました。汚れの溜まりやすいところです。

汚れの溜まりやすい奥歯の歯間や溝に要注意!
乳歯の歯間と歯の溝に大きなむし歯ができてしまいました。何箇所も詰めなくてはなりません。

むし歯になりやすい歯って?② 6歳臼歯を守りたい!

「6歳臼歯」は歯のなかでいちばんの力持ち。
噛む力を支えるかなめです。 ところがこの歯は乳歯の奥にゆっくりと生え意外と目立たず、歯ブラシも届きにくく、むし歯になりやすい永久歯の代表格!
多くの人がこの歯をむし歯にしてしまいます。

6歳臼歯はなぜむし歯になりやすい?

6歳臼歯はなぜむし歯になりやすい?

 いちばん最初に生えてくる永久歯で、正式の名前を「第一大臼歯」といいます。大きく、溝が深く、がっちりとした力持ちで、歯の王様とも呼ばれます。乳歯列の奥に、乳歯の抜け変わりなしに生えて、しかもごくゆっくりと1~2年かけて生えてくるので、生えていることに気付かないお子さんもめずらしくありません。
 半分歯ぐきに隠れている生えかけのときは、歯ブラシが届きにくく汚れが溜まりやすい状態。この状態が長く続くうえに、6歳ともなると自立心が芽生え、親に仕上げみがきをなかなかさせてくれない年齢でもあります。それやこれやの悪条件がかさなり、日本ではほとんどのかたが大人になる前に、この大切な6歳臼歯をむし歯にしてしまっているのが現状です。あなたの6歳臼歯はどうですか?

隣の乳歯が抜けたときが、視診できる唯一のチャンス!
いちばん奥の乳歯が抜けたら、6歳臼歯がむし歯になっていないか歯医者さんで診てもらいましょう!

6歳臼歯はなぜむし歯になりやすい?

6歳臼歯はなぜむし歯になりやすい?

6歳臼歯の隣が抜けたら、歯医者さんへGO!

6歳臼歯の隣が抜けたら、歯医者さんへGO!

仕上げみがき嫌い?それなら柄付きのフロスで!

うちの子、仕上げみがきをイヤがってなかなかじっとしていてくれません。どうしたらいいのか、悩んでいます。
それなら、フロスを使ってみましょう。歯ブラシ嫌いのお子さんも、フロスなら意外にいやがりませんよ。トントントンと歯間に通しておくだけで歯を守る効果絶大。ぜひお試しください。

こんなにすごい!フッ素の効果。

3ヵ月おきにフッ素塗布に通うといいと歯医者さんにすすめられています。
フッ素ってそんなに効果あるんですか?
いまひとつ実感できないんですが……。
もちろん、とても効果があります。
歯科医院のフッ素塗布に使われている泡状のフッ素と卵で実験してみました。
驚きの効果を目で見て実感してください!

定期的に歯科医院でフッ素塗布を。
毎日寝る前には、フッ素ジェルやフォームを使いましょう。
歯みがきだけで歯を守るのはとてもたいへん。でも、フッ素を使えばグッと楽になります!

こんなにすごい!フッ素の効果。
卵の下半分に歯科医院のフッ素塗布に使うフッ素を5分間つけました。
こんなにすごい!フッ素の効果。
酢水(むし歯菌の出す酸の代わり)のなかに卵を入れました。顔を描いたところはフッ素をつけたところです。
こんなにすごい!フッ素の効果。
1時間後、酢水から出したら、フッ素をつけた下半分はツルツルのまま。フッ素なしの上半分は、表面が溶けてボソボソしています。

次世代へ、健康な歯をプレゼント!

お子さんが生まれてくるとき、「将来何を身につけさせてあげようかな」とみなさん楽しく思いをめぐらせると思います。
スポーツ好きに? 音楽好きに? 丈夫なからだ、やさしい心、etc.……
そんな夢のなかのひとつに「むし歯のないきれいな歯に」を加えてみませんか?
歯の健康は、お子さんにとって一生の宝物。少しやり方を変えるだけで可能になる親から子へのプレゼントです。

PAGE TOP