診療時間表

・・・15:00~17:00
※平日・土曜も20:00まで受付
休診日:日曜、祝日

  • ホーム
  • サイトマップ
  • リンク集

TEL:06-6971-4618

〒537-0014
大阪府大阪市東成区大今里西1-26-5
ロハスプラザ今里201

welcome welcome welcome welcome welcome welcome

東成区の歯科,歯医者。

ニュース医師の紹介医院案内交通案内初診の方へ自費治療料金表求人情報歯ッピースマイル通信

インプラント

唾液検査
  • グッド歯科(保険歯科全般・予約制)
  • OSSTEM IMPLANT
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 大阪SJCD
  • ソフト歯科
  • 長谷川歯科医院
  • かとう歯科
  • つじの歯科医院
  • 弁理士吉田昌司

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  インプラント

歯科医師の使命

使命とは、命をかけてまですること。

歯科医師の使命として、命をかけてまでやらなければいけないこと、それは、理念をお話させていただきます。

 

私が開業したきっかけは

私が開業したきっかけは

歯科医師になり7年目、人間としてはまだまだ、未熟でしたが、歯科医師の技術としては、自信も持て、分院長を任される、立場にありました。そんな中、生活の中の溶け込んだ歯科医療を一生おこなえる場所と、考えておりました。
そんな中、下が阪急ファミリーストアー、上がコナミスポーツの医療モールの中ということで生活の一部に溶け込んだ歯科医療を、行っていけると考え、開業に至りました。大阪市東成区という、高齢化のすすんだ地域ですので、義歯の方が大変おおく、多くの義歯を開業してから、製作してまいりました。
それなりに、喜んでいただけているのかなと、おぼろげには、感じておりますが、痛いのがなかなか良くならず自分の入れ歯での限界を何度も感じました。

 

患者さんにしてあげたいことは

心地よく、すこしでも、恐怖心を持たずに、医院の中では過ごしていただきたいです。
歯科医院を感じさせない、雰囲気、スタッフ対応を心掛けております。
歯科医院に気持ち良く来ていただきたいです。

 

患者さんにはどうなってもらいたいのか

お口の病気、異常な状態から、より良い、健康な状態になっていただいて、幸せな人生を、送っていただきたいです。
お口の健康を獲得された後は、人生のさまざまな目標を達成していただきたいです。

 

なぜ自分は歯科医院を経営しているのか

患者様のお口の治療を、どこまで自分の限界まで治療技術を向上させて、患者様に歯科医療を提供できるかの場、その場を作っただけだと考えております。
勤務している歯科医師には、地域で一番の歯科医師に当院を卒業後にはなっていただきたいです。

 

どういう思いで歯科医院を経営しているのか

どんな治療でもできません、と、最後の最後まで、言わない医院を目指しております。

完全にできないなら、きっちりとした、できない理由を、ご説明してご理解していただけるように心掛けております。

 

わたしができる患者さんへの約束は

普通は、痛みが、あってから歯科医院を訪れていただけますが、治療が終わるときには
綺麗な、美しいお口元になっていただいて
よく食べることができ、
よくおしゃべりができ、大きな口をあけることができるようになり、
よく笑い、
当院を訪れていただいた患者さんには、必ず美しい、口元になっていただけるようにお約束いたします。
失った歯をとりもどし、心と体の二つの面から健康をサポートすることを使命としあなたのライフスタイルをリセットすることを、お約束します。
歯だけが唯一、18歳のころのような、綺麗な、真っ白な歯をいれることができます。
美容外科では、若返るのはせいぜい5歳10歳です。
しっかり食べることができたら、
胃や消化器への負担がへり、大病には、なりません。
健康になり、より人生の目標を達成していただきたいです。

 

当院は大阪赤十字病院の登録医院です

赤十字の理念に大変素晴らしい、言葉があります。
わたしは、苦しんでいる人を救いたいという、思いを結集して人間のいのちと健康、尊厳を守ります。
命と健康、尊厳を守るため、苦痛の予防と軽減に努めます。いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先します。
すべての人の信頼を得て、一切の争いに加わりません。
利益を求めず、人を救う為に、自発的に行動します。
人道の実現のために利己心と戦い、無関心に陥ることなく人の痛みや苦しみに目を向けて、常に想像力をもって、行動します。
吉田歯科医院勤務医師、歯科衛生士、トリートメントスタッフに心掛けていただきたい、気持ちです。

 

なぜ、インプラントをすすめるのか?

なぜ、インプラントをすすめるのか?

痛みがなく、腫れない、安全な、インプラントを当院ではおこなっております。
70歳になってもリンゴを丸かじりできる歯をお約束します。

歯を失った患者さんはどんなに不安を感じているのか。
歯を失った患者さんが夜も寝れないほどの悩みは。
歯を失った患者さんが抱えている毎日の不安。
すべてインプラントの専門の私に、お話いただいて、一緒に、解決させていただきたいです。

1.今使っている、入れ歯で一番困っていることはなんですか?
2.どんな時に入れ歯に不自由を感じますか?
3.インプラントに興味はありますか?

当院にきてどうか、お悩みをご相談ください。

噛みにくい
しゃべりにくい
年寄りっぽい
違和感が強い

どんなことでもかまいません、一人でお悩みにならずに、専門家の私にお話しください。
きっと解決法がみつかります。

 

患者様とのやり取りの一部です

歯科医師:部分入れ歯を入れると、留め金をかけている歯が4年以内に93%も虫歯になってしまいます。部分入れ歯を入れることによって虫歯がふえているのです。

患者様:部分入れ歯の留め金が虫歯の原因だって。それじゃ部分入れ歯じゃない方法はないだろうか?

歯科医師:総入れ歯にすると、入れ歯をつけている部分の顎の骨が1年に0.5ミリずつ、痩せていきます。つけているだけで、2年で1ミリも痩せてしまうのです。

患者様:今までも2から3年で入れ歯が合わなくなっていた、原因はこれだったのか。これからも総入れ歯をつけているだけで骨が痩せていくなんて、大変だ。入れ歯の他の方法があるなら考えようかな?

歯科医師:ブリッジは固定式で使い勝手はいいですが、8年弱で5割がダメになっています。ブリッジの土台にしなければ、これから10年や20年使えたかもしれないのに、歯を削ると今は健康な歯でも寿命を縮める、ことになるかもしれません。

患者様:虫歯の健康な歯を削ってまで、ブリッジにしても、8年ももたないのか、それじゃ、健康な歯がもたない。

 

その入れ歯の悩み インプラントが解決します

歯を失ったことで他に失ったものそれはライフスタイル

歯を失ったことで他に失ったものそれはライフスタイル

歯があったときは、家族と同じ食事ができた。
何でも好きな食事を楽しめた。
おしゃべりも滑舌よくできた。
親しい友達のまえで大きく口をあけて笑うことができた。
よく旅行にもいった。
スポーツするときも集中力があった。
力仕事をするときも奥歯でかみしめて踏ん張りがきいた。
・・・できた。

すべて過去形です。
歯を失うことによってできなくなってしまったのです。


この失ったライフスタイルをとりもどしたい。
入れ歯のときは不自由していたのが、インプラントを入れてからなんでも噛めるようになった。
入れ歯の見た目が気になり、人前で大きく口を開けれなかったが、インプラントをしてから全く気にならなくなった。
カラオケのときに入れ歯が気になってしかたなかったが、インプラントにしたら全然気にならなくなった、友達と出かけるのが楽しくなった。
入れ歯のときと違って、口元が気にならなくなり、おしゃれが楽しくなった。
なんでも食べれるようになり、体調がよくなった。
入れ歯と違い、動かないので話すのが楽になった。

インプラントは、これらすべてを改善し圧倒的に素晴らしい最高の利益と喜びをもたらします。

 

なぜインプラントをそこまですすめるのか?

多くの患者さんが義歯に不満を持ち、不自由している。

この問題を解決するには、どうすればいいのか、私自身悩みました。

私は、来る日も、来る日も、義歯調整に来院する、患者さんの苦痛をなんとか軽減できないものかと、試行錯誤するが、なかなか患者さんの満足を得られない。

多くの患者さんが義歯で悩みを持つのは、義歯そのもの、に問題があるのではないか?
では、義歯に代わる治療法が他に、ないものかと悩む、私も悩む。

そんな時歯科雑誌で義歯の悩みをインプラントで解消できた症例に目がとまる。

患者さんにインプラントを提供し、義歯の悩みを解消してあげたい。

勉強会に参加し、義歯の悩みを解決できると確信。

さらにインプラントについて勉強をつづける。
義歯の悩みを解決するには、インプラントが最適である

 

なぜ今インプラントを入れなければならないのか?

歯がなくなってしまった、後の骨は、日に日に、骨の吸収をおこします。
今入れなければ、いまならインプラントを入れられる、骨幅でも、何年か後に入れられなくなってしまっていることは、ホントに、よくあるのです。
歯を入れないでほっておくと、隣の歯は傾きかみ合わせも、ガタガタになり、隣の歯も傾き結局、神経の治療と負の悪循環に陥ることになります。
一日でも、早くインプラントを入れることをお勧めします。

 

なぜ吉田歯科医院でインプラントを入れなければならないのか?

なぜ吉田歯科医院でインプラントを入れなければならないのか?

歯を失って困っている人を救ってあげたい。そして、失った歯を回復して喜び、感謝していただける患者さんの顔が見たいから。私はインプラントを、お勧めします。

私の歯科医院では痛みを取り除きインプラントで一度失ったライフスタイルを取り戻すことができます。
安全第一でCT撮影、サージカルガイドドリルの使用により、コンピュータ予測から誤差1ミリもない安全な手術をおこなっております。

フラップレス手術で、歯ぐきを、捲りませんので、痛みも腫れもほとんどおこりません。

他医院ではあまりされていない、治療方法です。

 

安心して最初の一歩を踏み出してほしいです

あなたの目の前には大きな岩があります。
形は丸いですがあなたの体重と同じく70キロ前後あります。
あなたはこの岩を100メートル先まで転がさなければなりません。
はじめは押してもびくともしません、それでもあなたは、渾身の力をこめて岩を押しつづけます。
動き出すまではとてつもないエネルギーが必要なのです。
なんとか1メートル動きました。
あなたはさらに力をこめて押します。
10メートル動きました。
このとき最初の1メートル押したときの、力は要りません。
90メートル地点まできました。
ここまでくると力は必要ありません。
ここまで転がしてきた力だけで岩が自分でゴール目がけて勝手につきすすみます。
一度動き出した物体は一定方向に動きつづけようとします。

夢 それは恐れのない者の前に開かれる
私はいつもこの言葉を胸に次の行動の一歩をふみだします。

 

吉田歯科医院院長 プロフィール

吉田健二

診療室(個室)

大阪清風高校卒業
大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学口腔外科第1講座入局、現在も非常勤医で在籍
OAP松本歯科医院勤務
此花区長谷川歯科勤務
大手美容歯科大阪院分院長、池袋院、福岡院勤務
大阪高槻市ロイヤルデンタルサロン分院長勤務
大阪市東成区吉田歯科医院今里クリニックモール開院
大阪インプラント研究会所属
口腔インプラント学会所属
吉川矯正研究会所属、スーパーモダン矯正認定医師
東成区歯科医師会班長
インプラント、審美歯科、矯正歯科を得意としております。

はじめまして。妻と犬の家族三人暮らしの、42歳です。
性格は優しいと昔はよくいわれましたが、今は・・・
妻は一番の仕事の理解者です。
犬は、足の指が二本生まれつきなくて、安く売られていました。
かわいそうに思い、うちで育ててあげようと思いましたが、異常に元気に育ってくれて、一日の疲れが犬の顔をみるとなくなります。

生まれは大阪堺市で、
趣味は、仕事です。仕事をしている時が、一番たのしいです。
息抜きは
行き帰り往復8キロを自転車通勤の途中の四季、季節の変わりを眺めている時間が一番ほっと、します。
後は日曜日のテニスです、日曜日週一度ウツボ公園テニススクールに通っていて、東成区今里小学校卒業の新保鬼コーチにしごかれています。
テニスはドラマだと、言ってはりました。
歯科もインプラントも患者様、私にとってもドラマだと思っております。

 

患者さんの感想文

実は私は両方の奥歯が、ありません。
ブリッジの土台にしていた歯がぐらぐらになってしまい、抜いてしまったのです。
それから、ずっとやわらかいものばかり、選んでたべるようになりました。
72歳になる母が総入れ歯で噛みあわせが悪く、柔らかいものばかり食べていますが。
45歳の私が、母と同じ食生活を送っています。
信じられないことに奥歯がないだけでおそばやうどんさえうまく、食べれません。
りんごなどのくだものも薄く切って食べています。お肉はぜんぜん食べていません。
食べるのに時間がかかり、十分かんでいないせいか、いつも胃がもたれる感じです。
もともと食べるのが大好きで好きなものを、好きなだけ食べるというのが楽しみです。
若い時韓国グルメツアーには二度参加したことが、あります。
しかし、今では家族と旅行にいっても、食べるものがありません。私はお肉や貝類のお刺身など歯ごたえのあるものが大好きなのですが、奥歯がないために、噛むことができません。
先日も家族旅行でも、娘から、
お母さんこのつぶ貝の刺身美味しいよとすすめられても奥歯がないので食べることができないとは言えずに、最近貝類のお刺身はあまり好きじゃないのよ。
と答えてしまいました。
本当は大好きなのに、嫌いと言わなければならないつらさ。
悲しいというより落ち込みました。
これからもこんな生活をつづけなければならないのかとおもうと、生き方までもが後ろ向きになってしまいます。
このままではいけないと思い、先日、近所の歯医者さんで部分入れ歯を作ってもらいました。
部分入れ歯でも奥歯が入れば楽しい食事ができると考えていたのに、入れてみて愕然としました。
何度も歯医者さんにあわせてもらっても、私の口になじまないのです。残っている歯に部分入れ歯のばねをかけているのですが、ばねをかけた歯がいたいですし、自分の歯と違って全然噛んだ気がしません。
部分入れ歯を入れているだけでストレスになります。家にいるときはほとんどはずしています。食べる時も噛めないではずします。結局部分入れ歯を入れない生活に戻ってしまいました。
先生のお書きになった小冊子を読んで、インプラントというものを知りました。私のような奥歯のない状態でもインプラントを入れることができるのでしょうか教えていただきたくお手紙をかきました。

これが、私がインプラントの相談を受けた患者さんからの手紙です。
この相談を受けた患者さんのように、歯を失って初めて歯の大切さがわかったというかたが大勢いらっしゃいます。
さてこの患者さんは歯を失ったことによってなぜ歯の大切さを実感できるようになったのでしょうか?
それは歯を失ったことで、今まで当たり前だった毎日の生活がおくれなくなったからです。
今まで当たり前の生活とは、家族と同じものを食べる、好きな食事をする、会話をする、大きな口をあけて笑う、人前で口元を気にしない、スポーツをする、力仕事のときに踏ん張りがきく、集中力がある、人と会うことがたのしい、旅行をする。
思いあたることがありませんか?その後この患者さんはインプラント治療を開始しました。
そしてインプラント治療が終了後、再びお手紙いただきました。

吉田先生
先日インプラント治療を終え今は本当に満足しています。
奥歯が両方ともない時は、一時は全く、食事をとることができずに、体重が5キロ近くも痩せてしまいました。体調だけでなく、気分もすぐれない日がつづき、何をするにも長続きせず、今思うと、廃人のような生活をしていました。そんな、私に先日夢にまでみた、奥歯が入りました。
先生は、何でも、食べれますから、好きなものを、どんどん食べてください、とおっしゃっていましたが、まさにそのとおりでした。インプラントがまるで自分の歯のように、違和感なく何でも食べることができます。
先日家族で焼き肉を食べにいったときのことです。娘からは、なんでも、たべれるようになったからって食べすぎよ、ととがめられてしまいました。気がつくと2人で食べようと、頼んだ牛タンを、私一人で1皿全部平らげてしまったのです。
初めて、先生に相談に行った時、先生がおっしゃいましたね。
インプラントで一度失った、ライフスタイルを取り戻しませんか?
今わたしは歯を失ったことで、失っていた、かつての生活を取り戻すことができました。
インプラントをして本当によかったです。ありがとうございました。
このようにインプラントを入れることによって、一度失った生活を取り戻したとおっしゃるかたがたくさんいます。

実は世界中でインプラントが普及している、理由はここにあるのです。
あなたは歯を失うだけじゃなくて、活力にあふれ充実した生活までも失っていませんか?
ぜひあなたも、インプラントで以前のライフスタイルを取り戻し、心と体が健康で活力にあふれた明日を取り戻しましょう。

 

OSSTEM

OSSTEMインプラント専門医が
インプラント治療を担当いたします。

高度先進インプラント治療

上顎で骨が鼻の空洞までの距離がたりないとき、ラテラルウィンドテクニット、クレスタルアプローチテクニックをもちいて、骨を造設します。
骨の水平的に少ないケースも、リッジスプリットテクニックをもちいて、骨を造設します。
骨の垂直的に少ないケースも、GBR、メンブレンテクニックをもちいて対応します。
抜歯すると当時に即インプラントを埋入することで、骨の吸収を最小限にするテクニックをもちいます。

フィブリンゲル(CGF、PPF)、多血小板血漿(PRP)、
高度再生医療の治療を行える指定歯科医院に厚生労働省に認められました。

当院のインプラント

当院では主にオステム、ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラント、を使用しています。
ノーベルバイオケア社のインプラントはスウェーデンのブローネマルク博士が世界ではじめて開発したもので、現在では世界で200万人以上の方が使っています。世界トップシェアを誇るインプラントメーカーで、口腔内が狭い日本人にも最適です。最も高いシェアを持つインプラントメーカーで、40年以上の歴史を持っています。この実績はノーベルバイオケア社だけで、現在でも特別な問題もなく多くの国で機能しています。

1.簡便で迅速な治療法
当院で使用するノーベルバイオケアのインプラントは、迅速かつ簡便な術式で埋入できます。
2.優れた適合性、自然な調和
インプラントにノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンを装着して、自分の歯と自然に調和する新しい歯を手に入れることができます。
3.食べたいものを我慢することはありません
インプラントは天然の歯根と同じように機能しますので安定性が高く、好きなものを安心して食べることができます。
4.笑顔に自信がもてます
ノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンには金属が全く使用されておらず、自然な仕上がりになります。
5.若々しさを保つ
歯を失うと顎の骨が痩せてしまい、歳をとって見えることがあります。
インプラントは、若々しい容貌を保つためにも役立ちます。
6.長期安定性の高いソリューション
ノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンは、通常、生涯を通して使用することができます。

このような方におすすめです。

歯を1本失った方
健康な歯を利用しないため自分の歯を保てます。
複数本 歯を失った方
単独で処置をするので健康な歯がそのまま保てます外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がありません。インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
歯をすべて失った方
インプラントは顎の骨に固定されるためぐらつきがありません。
天然の歯と変わらない感覚で食べ物を噛んだり味わうことができます。
食べ物がはさまる事はほとんどありません天然の歯と同様なので年老いて見えません。

インプラント治療の流れ

1. インプラント治療を
始める前に

インプラント治療に関するご希望やご質問を伺い、患者様個々の状態にあわせて治療計画の概要をご提案してまいります。

2. 診査、診断  
インフォームド
コンセント

レントゲン検査、写真撮影、模型診査、咬合検査などを行います。併せてCT検査を加えることで、より精度の高い診査を行うことが可能です。また、必要に応じて血液検査などの全身的な検査を行います。査結果から診断を行い、インプラント埋入の可否、術式、インプラントのサイズや本数などをインフォームドコンセントに基づき最終的な治療計画や費用の見積もりを提示します。

3. インプラント手術

インプラント手術は感染予防に配慮し、入念に消毒を行ったエリアにおいて行います。器具類等についても滅菌またはディスポーザブルのものを使用し感染防止に力を入れています。緊張や不安が強い方には歯科麻酔科専門医による全身管理と鎮静法を行うことにより手術中の恐怖感や不快な感覚を感じることなくインプラント手術を終えることが可能です。通常の手術時間は30-90分程度、手術前の準備から帰宅までは2-3時間程度です。

4. 治療期間

手術直後は多少腫れたり痛んだりすることもありますが心配はいりません。骨とインプラント体が結合するのに、通常は下顎で6週から3ヶ月、上顎で6週から4ヶ月を要します。 その後、精密な型どりを行いインプラント専門技工所により生体に適合した上部構造の作製を行います。作製する上部構造は、審美性・機能性を重視しています。

5. 定期健診・メインテナンス

インプラントを長期にわたり快適に使用して頂くために定期的なかみ合わせのチェック、メインテナンス、クリーニングが重要です。専門的知識を兼ね備えたスタッフがインプラントのみならず口腔のケアを行っています。

料金ページはこちら

インプラント紹介

※画像をクリックしますと大きく表示されます。
インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント インプラント
 

インプラントとブリッジの比較

ブリッジ インプラント
ブリッジ1 インプラント1
ブリッジ2 インプラント2

インプラントとブリッジの比較症例

ブリッジ術前

ブリッジ術前1  

ブリッジ術後

ブリッジ術後1 ブリッジ術後2

インプラント術前

インプラント術前1 インプラント術前2

インプラント術後

インプラント術後1 インプラント術後2
インプラント  

インプラント術後

インプラント術後1 インプラント術後2

サイナスリフト処置

当院で行ったサイナスリフト処置です。
上の骨の少ない方にもインプラント対応しております。
術後X-ray サイナスリフトとは 図
術後X-ray サイナスリフトとは 図


上顎骨の少ないケースにクレスタルアプローチ サイナスリフト(骨を造る手術)を行ってインプラント処置の手術を行いました。
手術前 手術後
手術前 手術後

オープン メンブレン テクニック

骨のない所にオープン メンブレン テクニックを行い、骨を造っています。
オープン メンブレン テクニック  

インプラント処置

インプラント処置 下顎 綺麗に上部構造がSETされています。
インプラント処置  

インプラント処置2

抜歯して骨が大きくなったケースにGBR(骨を作る手術)をしてインプラントを挿入しました。
インプラント処置
上顎の骨は抜歯すると、頬側の骨がなくなってしまいます。
そのままでは、インプラントを埋入しても、予後が悪いのでレイアリングテクニックを用いて(骨を2層にひいて)実際の人の骨も2層になっています。
インプラントを埋入と同時に骨をいれ5ヵ月後予後良好に骨とインプラントの結合を得ています。

インプラント処置3

まったく骨がない骨に、骨造成、GBR、PRP治療を行い、骨を作り、インプラントを埋入しました。

術前

インプラント 術前1

術後

インプラント 術後1 インプラント 術後2 インプラント 術後3

最新の骨造成法について

当クリニックでは骨を除去する際(サイナスリフト法)には、最新の超音波医療機器「ピエゾサージェリー」を使用しております。

サイナスリフト法とは・・・

上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。
この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。
さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。
そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。

これまでのサイナスリフト法では、かなり大きく骨のブロックを取り除く必要があり、シュナイダー膜を傷つける危険性が高いなど、患者様への負担が大きいというデメリットがありました。
ピエゾサージェリーは超音波振動によって歯石を取るような感覚で硬組織のみを選んで切削できますので、柔らかい歯周組織を傷つけることなく安全に少ない侵襲で手術を行うことが可能となりました。
また、施術時間も大幅に短縮でき、患者様への負担も大きく軽減できるようになりました。
また、リッジエクスパンションや移植骨ブロック採取において、外科的侵襲が少なく繊細な処置ができ、術後の骨反応も良好です。
そのほか歯冠長延長術、インプラントや骨性癒着歯の抜去、歯周外科手術など、その応用はいろいろです。

CGF再生療法

CGF再生療法とは・・・

CGF再生療法とは、再生医療機器「メディフュージ」で患者様自身から採取した血液を遠心分離しCGFを(Concentrated Growth Factor)作ります。

CGF再生療法
イタリアのsilfradent社製 CGF

従来の人工材料と違い作製のために添加剤を使用しませんので、感染の危険性が極めて低いというメリットがあります。
また、自分自身の血液だけで作られますので、移植後に腫れや痛みがでることが少なく、身体に負担が少ない状態で傷の治りや骨の再生の促進を期待することができます。これまで骨再生のバリアー膜として使っていたコラーゲン膜の代わりに使う事もできます。

CGF再生療法の特徴

  •  自分自身の血液のみで作られるため、感染の危険性が極めて低く、拒絶反応を起こす心配が無い
  •  作製したCGFはゲル状となり長時間維持できるため、操作性が高いことからインプラント治療・歯周組織再生治療などで応用可能
PAGE TOP